ロミオとジュリエット効果を使い女性からアタックされる男になろう

ロミオとジュリエット効果を使い女性からアタックされる男になろう
こんな人におすすめ

・女性から来られたい

・モテる状態を作りたい

・優位に立ちたい

女の子からきてほしいなと思ったことないですか?

あいついつも女の子からアタックされているよなー

羨ましいなーと思ったことないですか?

その人とあなたは何が違うんでしょう?

それは希少性です。

希少性とは
簡単に例えると・限定○○個のヴィトンのカバン

       ・スタッフから進められるヴィトンのカバン

どっちに目を向けられるでしょう。

人はこれに弱いんです。
つい買ってしまう。つい手を出してしまう。

人も一緒だということをここでは言うときます。

それで今回紹介する心理テクニックがロミオとジュリエット効果です。

ロミオとジュリエット効果とは

ロミオとジュリエット効果(ロミオとジュリエットこうか、英: Romeo and Juliet effect)とは、主に恋愛などにおいて、障害があった方が逆にその障害を乗り越えて目的を達成しようとする気持ちが高まる心理現象を指す。ウィリアム・シェイクスピアロミオとジュリエットにちなんで命名された。

アメリカの心理学者リチャード・ドリスコールが、男女のカップルからの調査結果を元に命名した。恋人同士の間に何らかの障害が存在する事で、かえってそれが二人の気持ち(恋愛感情)を高めてしまう場合などが当てはまる。

例えば、恋人の親がその恋愛に反対し、2人の仲を引き裂こうとすると、逆にその恋人同士の感情が強まってしまう場合にいう。

 

ロミオとジュリエットって聞いたことありますか?
映画とか舞台で有名な作品ですよね。
見たことある人はわかっていると思いますが
簡単に説明すると男女が恋に落ちたが、家が対立関係にあり二人の恋の邪魔になり
家のせいでお互い死んでしまう。
簡単すぎましたか?
言いたいことは目的に障害があるほど想いは膨れ上がるということです。
例えば、
・好きな人には他の好きな人がいる
・遠距離で会うのが大変
・不倫関係
こんなことがあると逆に燃え上がるのがロミオとジュリエット効果です。

ロミオとジュリエット効果の使い方

結論 相手の女性に障害を与えればいい

それはライバルの出現です。

ですが、あなたに興味・好意が無ければ意味がないです。
相手が俺に興味あるなという確信が必要です。

そこは誤解しないでください。

では相手の女性が自分に興味ある事前提で話します。

ライバルを出現させる

モテてる男がモテるのはこの原理が強いんです。
ライバルがいくらでもいます。
モテてる人は一人に執着しないから希少性も生まれる。

モテたければ疑似的にもモテることが持論ですが、
ライバルを出現させるタイミングって重要なんです。

出会った時に「俺モテるねん」と自分で言うのはナンセンスです。

出会った時の立ち振る舞いとか初デートでこの人モテそうと思わせる
人間になるのはもちろんですが、ライバルの出現は、タイミングを間違うと
相手が身を引いてしまう可能性もあります。

言わなくていいんです。匂わせるんです。

・定期的に会わない

・金曜は連絡がない

・休みなのに連絡してこない

これは例えですが、相手に自分から言うてないですよね。
勝手に相手が解釈しているんです。
それで相手は他に女が居るんじゃないか?と考えます。

そうすると相手から連絡が来たり「会いたい」と言うてきたりします。

自分のことを周りに否定させる

例えば、あいつのことは好きにならない方がいいよと言われたらどうなりますか?

もっと好きになりますよね。この方法も使えます。

人は、反対されればされるほど逆のことをしてしまう。

だから好きな女の子にもっと好きにさせたかったら
第三者に悪い噂を言わせることをさせればいいでしょう。
女癖悪いとかチャラい、他にも女おりそうとかなんでもいいんですが
友達に聞かれるか相談するかするはずです。

・自分の悪いところは隠さない

・自分の悪いところは相手が好意があると感じたら伝えましょう

好意がない時に言うてもだめです。
離れるきっかけになるんで

浮気の場合とか成功しやすいんですよね。
1、自分には彼女が居る 第1の障害

2、周りの否定 第2の障害

実は、女子会とかで自分の悪評が出回ることって逆効果で男にとっては好都合なんですよね。

自分の価値を上げる=希少性を上げる

イケメンは生まれつき希少性が高いからモテます。
しかしイケメンじゃなくても希少性は上げれます。

自分の価値を上げることは自分の価値を下げないことにあります。

例えば、自分の価値を下げる行為は、女の子にガツガツいくことです。

自分から頻繁に連絡したり、誘いまくりでは希少性のかけらもないです。

後は、誰にでも優しくすることも自分の価値を下げています。

特定の人に優しくするから効果があります。
いつも優しくすることもだめです。

優しくするのもコツがあって特定の相手にだけ優しくするのですが
時には、他の子にも優しくするのを見せるんです。
それを見たらやきもち焼くでしょう。
やきもち焼くということはもうあなたのことが好きな証拠です。

まとめ

・ロミオとジュリエット効果とはお互いにとっての障害が感情を高らませる。

・自分に希少性が生まれ相手からくる。

・その為にはライバルを出現させる。

恋愛がうまくいかない人は余裕がない=一人に絞っていることが原因でもあります。
自分の周りには女友達でもいいので増やしましょう。

そしてうまく自分と相手に障害を作り相手の感情を高ぶらせましょう。

そうすると相手から誘いもくるしモテることでしょう。

 

恋愛テクニックカテゴリの最新記事