女性の甘いものは別腹の原因は何なのか?

女性の甘いものは別腹の原因は何なのか?

H君
H君
女性には甘いものは別腹という概念が存在しますよね
よく言いますよね、いっぱい食べた後に甘いものを食べに行くことが多いと思います。
A君
A君
H君
H君
男からしたら不思議ではないですか?お腹いっぱいなのにまだ食べるの?と思いませんか?
思います。意味が分かりません。逆らえないので付いていきますが・・・
A君
A君
H君
H君
いいことです。男が女性にモテたければ女性のメカニズムを理解することが大事です。
確かに、女性について詳しい人ほどモテてる気がします。
A君
A君

モテたければ相手について詳しくなることは非常に重要です。

なぜだと思いますか?

先手を打てるからです。
今回の女性の甘いものは別腹なことを知っていると思いますが、
本当に理解していたらディナー食べた後に甘いもの食べれるカフェをピックアップしておくか
予約しておくことができます。

そうすることでこの人はできる人だなと思われ他の男と一線引けるわけです。

なので女性のことを理解しましょう。

甘いものは別腹はホルモンが関係する

別腹とか意味の分からないそんなものあるわけないと思っています。

皆さんもそのはずです。

ですが別腹はないですが、女性は、お腹いっぱいだったとしても
胃の空間が、空くんです。

それにはオレキシンというホルモンが関係してます。
どういうことかと言うと
美味しそうと感じるとオレキシンというホルモンが分泌され
胃や腸の運動が活発になるんです。

その結果胃に空間ができ甘いものが食べれる、俗にいう別腹ができるということです。

オレキシンが分泌されるのは、幸せになると感じる時に分泌されます。
だからその人が甘いものが嫌いなら別腹はないです。

お腹いっぱいになって男性と同じ気持ちでしょう。

でも多くの女性は甘いものが好物です。
リサーチはしておいていいかもしれません。

男性でも甘いものが鉱物な人いますよね。
そういう人でもオレキシンは分泌されます。

僕も甘いものが好きですが、別腹は発動します。
焼き肉食べ放題行って死ぬほど食べてもう吐きそうになっても
甘いものになると食べれます。

だから女性だけではないんですね。

なぜ、女性に甘いもの好きが多いのか?

A君
A君
これは、女性だからじゃないんですか?
それでは片付けれない話です。女性ホルモンが関係しています。
H君
H君

女性にも甘いものが嫌いな人も居ます。

女性ホルモンのエストロゲンが多いか少ないかで甘いもの好きか分かるのです。

エストロゲンが多く分泌している状態の時甘いものを欲するんです。

女性ホルモンのエストロゲンは女性にとって非常に重要なホルモンなんです。
エストロゲンは女性らしさをつかさどるホルモンだと言われています。

このエストロゲンは、妊娠期、年を取るにつれ段々下がっていきます。

甘いものを好む女性は、女性として正常なことなのです。

まとめ

女性の甘いものは別腹は、ホルモンが関係しており女性にとって自然なことなんだということです。

男性は、女性の甘いものに対する意識に対して肯定的に考えて
例えば、喧嘩した時、帰りが遅くなった時、特別な日に甘いものを添えることをすれば
女性の心を鷲掴みできるはずです。

男性はうまいこと甘いものを使いましょう。

女性心理カテゴリの最新記事